スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十五夜




今日は十五夜。


俗に言う「中秋の名月」ですね。


数日前に、今年の十五夜は6年ぶりの満月でもあるというのを知ってから、今年はお月様をぜひちゃんと見てみたいと思ってました。

で、天気予報とかもチェックしてみたり。

結果、なんとか大阪は晴れて見れそうとのことで、私は今日昼間に母に頼まれてお月見団子を近くのスーパーまで買いにいってきました。
でも最初はスーパーじゃなく、徒歩でいけるコンビニで買うつもりだったんです。
けど、そのコンビニには全然置いていなかったんです
一応、店員さんにも聞いてみたら「置いていない」とのこと。
無いものは仕方ないので、気持ちを切り替えて車でスーパーに買いにいった次第です。

スーパーではさすがにお月見団子は山のように売っていて、私は迷いなく1パックをカゴに入れ、次に目に入ったのはススキ。
やっぱり団子と一緒に飾るのに必要でしょ!ということで、何気なく1本手に取ると・・・


「100円」の値段が。



えっw(°O°)w


1本100円ってちょっと高すぎない?


そう思うのと同時に、内心ススキを買って帰るのを止めようか一瞬考えたけど、やはり形にこだわる私としてはススキの存在は必要で。
で、本当なら10本くらい買って飾ったほうがサマにはなるのはわかっていたけど、2本だけに留めました。


そうして家に帰ってから、ススキを花瓶に生けて買ってきたお団子と、それから果物を台に乗せてベランダの窓の側に飾りました。
夕方になって少し涼しい風も吹いてきて、ススキが風にそよそよと揺れてなんだかいい感じ。



陽も落ち、夜になってベランダに出てみると本当に見事な月がそこにあって、今回のお月様は白く・・・というか白銀色にキラキラ輝いていて、とっても美しい姿で、私は言葉も忘れしばらく空を見上げてきれいな月を眺めていました。



ところで、ちょっと思ったのですが、大阪(私の住んでいる地域)では月見団子の中に餡子が入っているものが月見団子として昔から認識しているのですが、本当の月見団子はただの白いお団子なのかな?
お月見も土地によって飾るものとか、団子の形なんかやはり違うんだろうな。
余談ですけど、私の住んでいるところの近くの場所には昔から日本版「ハロウィン」みたいな風習があって、私も小さい子供のころ、お月見の夜に近所の子供たちと一緒に、近所の家を一軒一軒訪ねてハロウィンみたく「柿を突かせて」みたいなワードを訪れた家の人に言うと、そこの人が代わりにお菓子(駄菓子みたいなもの)を子供たちに渡して帰ってもらうっていうのがあったんです。
年に一度のこの行事、小さいころは訳はわからないまでも親からあちこちの家に行ってきたらお菓子が貰えるから行っておいでと言われて友達といっぱいお菓子を貰ってきて楽しかった記憶があります。
この風習、今ではごくごく一部でのみ残っていると10年以上前にテレビでみたきりだから、もしかしたらもう無くなっているのかもしれないけども。





なんか話は逸れてしまいましたが、最後にプチ話。
来月10月9日は十三夜なんですけど、今日十五夜を見れた人は来月の十三夜もぜひ見てみてください。
両方ちゃんと見れたら、「成功や財運に恵まれる」とか。←まぁこの話はネットで拾ったネタなので事実かどうかは不明ですけど、私も来月忘れずに見てみたいと思っています(*´∇`)


.
スポンサーサイト
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

高月綾乃

Author:高月綾乃
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。