スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『コラソン de メロン』

20080609025703


私と妹はちょうど先週、この映画の監督や主演の役者さんたちが揃って舞台挨拶に来るのを友人からの情報で知ってそこでチケットを取るのに夜中必死に頑張ったのですが、結果は見事に取れず撃沈( ̄□ ̄;)!!
正直、もう見れないと思い諦めていたのですが、そんな時に西川くんファンの友人からメールで"チケットが複数枚Get出来たから良かったら見に行く?"と、温かい救いの手を差し出してくれて、おかげで私達は見に行けることになりました。



さてその「コラソン de メロン」ですが、先週の関東地区に続き、6月7日の土曜日に名古屋・京都・大阪(堺市鳳)の3カ所で映画の公開が始まりましたね。
私達と友人はアリオ鳳内にあるTOHOシネマに見に行ってきました。
そして映画が始まる夜まで久し振りにその友人と会ったのでお茶しながらいろんな話をしたりしてまったりと過ごしました。
あー、楽しかったなぁ(*^_^*)



ところで肝心の映画の感想ですが、一言でいえば主役の泉(井上和香さん)には私はなれないなーっと。
泉はとにかくすごく好きになった男の人にトコトン尽くすタイプの女性で、とても健気な女性でした。
一方、その泉が尽くすヒモ男ヒロミ役には西川くんが演じていて、こちらはもう全然仕事にもつかずにとにかく女に働かせてご飯を食わせてもらう最低男なわけですよ。
そんな二人が同棲を始めて、いろいろなことがあって、それでも最後にはそれぞれ貢ぎ女とヒモ男から卒業して二人は新たな関係を築いていく話なのだけど、でも正直、「これは恋愛話」っていうのとはちょっと違うなーとも思いました。
どちらかというとお互い、依存しまくっている関係って言ったほうがしっくりくる。
泉は彼が離れていかないように一生懸命尽くすのだけど、それって精神的に相手に依存しているってことの裏返しだよね。
またヒロミのほうも病気(仮病)を理由に泉にあれこれ貢がせる傍ら、別の女とも付き合っておまけに肉体関係を持ったりして二股をかけたりして最低ヤローなわけですよ。
私なら、二股の段階で付き合えないと思うし、泉みたいに騙されているとわかっていても尚、黙って尽くすその心理が理解出来ても自分はそんな風にはなれないなーと思いましたし。

でも確かにこーいうヒモ男って、ほっておけないっていう人もいるんですよね。
自分が面倒みてあげなくっちゃ、この人は駄目になっちゃう…という心理が働くんでしょうね。これってつまり母性本能を擽られちゃっているんでしょうかね?


なんか話が脱線しつつあるので元に戻して…
映画そのものは77分というわりと短い作品ではありますが、その中で笑いもあり、また泉の一途な思いに同じ女性としてホロっとさせられたりして決して派手さはないけれど知らない内に気がついたら魅入っていたといった作品となっています。
また、井上和香さんの気取らない自然な演技にはとても好感が持ちました。
一方、西川くんはやはり元は歌を歌う人なので芝居に関してはどうしても演技を作っていますという感じに私の目には見えてしまったのがちょっと残念でした。
でも、監督さんを始めアットホームな雰囲気の中でこの映画が作られたんだなーというのは、画面からも充分伝わってきましたよ。
あと、主役の二人以外のサブキャラを演じられた方たちはどの方もとても個性が出ていて面白かったです。

全体的にはミニシアター系で公開されているような印象の、派手さは無いけど珠玉のラブストーリーな映画だなぁ~と思いました。




それから、映画が終わったあと続けて舞台挨拶がありまして、とりあえずプチレポートをば。


*この日は名古屋⇒京都・二条⇒大阪・鳳に舞台挨拶のハシゴだったそうですが、鳳ではだいたい20分~30分近くお話していたと思います
*登場順は司会の人/田中誠監督/井上和香/西川貴教/スキャンダル(映画の主題歌を担当している女子高校生4人組のバンド)でした
*京都の二条のTOHOシネマには西川くんのお母さんが見に来られていたそうです
*井上和香さんはやっぱり女優さんだなーというか、芸能人のオーラを纏ってましたね☆彡
とにかくキレイで、テレビでみるより細かった
黒と白のツートンカラーのノースリワンピース(胸の少し下の部分で切り替えしているデザイン)に胸元がほどよく開いていて見事なバストをお披露目していました(≧▼≦)
そして首にはキラキラ光り輝くネックレスを着けていてライトに反射してはキラキラ眩しかった
*西川くんもネクタイがキラッと光っていましたね(多分ネクタイピン?)
白っぽいシャツにスーツ姿でジャケットのボタンは外していてネクタイがよく見えた
*スキャンダルの4人の子たちはおそろいの服(テレビで着用している制服姿)でした
*トークの内容はほとんど覚えていないのですが、印象に残っているのは西川くんと和香ちゃんがとにかく終始大声で腹を抱えて笑いっぱなしでした
*西川くんはライブと同じような感じでトークの間ずっと関西弁でしゃべりまくってました
*エキストラにエピックの社員(西川くんが所属しているソニーのレーベル)を始め、業界の関係者とか沢山出演しているらしい



なんかもっとちゃんとしたレポートと感想を書けたら良かったのですが、一晩寝てしまったらすっかり忘れてしまいました(汗)
最後に、この映画は過剰な期待をしないで、どちらかというと気軽に見られたほうが楽しめますよ。
是非、近くの映画館に作品が公開されたら一度見にいってみてくださいねー。(※但し、西川くんの熱心なファンでキスシーンとか見るのは嫌という方は止めておいたほうが賢明かも)



.
スポンサーサイト
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

高月綾乃

Author:高月綾乃
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。