スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダヴィンチコード見てきましたっ!

去年だったか、10年近く友達付き合いしている子がいつものようにメールのやり取りしていたときに彼女が『ダ・ヴィンチコード』の原作を読んでとても面白かったよという話を聞かせてくれたのね。
それですごく興味を持って一度は原作を読もうとずっと思っていたのだけど結局読まないまま一年が経ち、昨日近くのシネコンに見に行ってきました。
ちょうどレディースデーで1000円で見れる日だったし、先日テレビでも特集をやっているのを見たせいで予備知識があったから思ったよりは難しく考えることなく「娯楽」として楽しめました。
元々、私はサスペンスとか推理ものの映画が大好きなのですが、普通に面白かった。
それにロケ地になっていたルーブル美術館を始め、ホテルリッツ(ここは故ダイアナさんが最後に泊まったことで有名になったパリでの有数の5つ星ホテルですよね?)とか、ロンドンの大聖堂とか数年前に旅行で何回か見たところばかりだったので、懐かしさも加わって食い入るようにスクリーンを魅入ってしまいました。

そーいえばルーブル美術館なんかもフランス語あまりしゃべれないのに団体ツアーでは入場せず、自力でチケットを購入して気ままに見て回ったなぁ~自分。

ちょっと余談ですけど、そもそも私、団体行動がどうも苦手のようで現地では自由気ままにガイドブックも持たず(頭に地図を叩き込んでいく)回るのが好きなんですよ。
だから地下鉄やらタクシーやら現地の交通手段もバンバンと乗り回しますよ(笑)
そのせいで団体ツアー客だとは思われることはほとんど無し。寧ろ現地に住んでいる日本人だと見られ、行き先々で場所を尋ねられること多々なんです。
一方、自由に回るそのせいなのかどうかはわかりませんがどの国に行っても一度か二度はトラブルに巻き込まれることばかりで。
私くらいだろうなぁ…現地で置いてきぼりに何度も遭うのって。
アメリカでもパリでもローマでもありました。(しみじみ~)
でもそーいうことがあったから今でもなお思い出として色褪せないです。
ま、旅行の話はまたいつか書けたら書いてみたいと思います。

話を元に戻してルーブル美術館ではその時「モナリザ」の絵も直に見てきたけど、実物の絵があまりにも想像していたのより小さかったな…という記憶が。
でもこの絵の前には観光客が絶えず居ましたね。

ところで今回この映画『ダ・ヴィンチコード』にはモナリザがクローズアップされていたけれど、映画の中ではモナリザの絵にはそれほど謎はなかったですね。
あと思ったのがジャンレノがもっと作品の中で重要な位置を占めるのかな?と思っていたのに最後はちょっとあっさりとひきさがった印象になったのはもったいないような気がしました。
それからヒロイン役の女優さんはホント綺麗な人だなぁ…と思ったのと、「スパイダーマン2」にでていた俳優さん(名前は知らないのだけど)は存在感のわりに、こちらもあっさりだったのがもったいなかった。
一方、主役のトムハンクスはさすがアカデミー賞を取ったりするだけあって、演技は上手いのでしょうがどうも優等生っぽい演技という印象が抜け切れないなぁと。私はあまりこの方の他の映画は見たことないんですが…そんな風に思いました。

あとこの映画で思ったのは、日本人はエンターテイメントとして見ればいいんじゃないですかね。
公開前からキリストを冒涜しているとか、バチカンは映画を批判しているとかカンヌでは失笑が巻き起こったとか何かと話題になっていましたが、普通に謎解き(暗号を解読)しながら楽しみ推理映画として見れば面白いと思うのだけど…。
あえて私はここではネタバレは書きませんけど、サラッと娯楽作品として見ることをお薦めしますよ。

所詮、宗教に関心の薄い日本人が「キリストとはなんぞや」とか「神とは…」なんて高尚な話に対してえらそーなことを語っても意味ないと思うし。
実際、ロンドンに行った時現地のガイドさんが話してくれたことで一つ面白い話があって、イギリスではキリストの宗派の中でも「プロテスタント派」な人が多いために食べ物に関してもあまり拘らない人が多い。けれどパリやローマ(フランスやイタリア)といった「カトリック派」が信者のほとんどを占める国ではその食べ物にしても神様が自分達に地上で育った作物を与えてくださった、だから“美味しく頂くことが神様に感謝することに繋がる”のだという考えが強いのでフランス料理やイタリア料理といった文化が栄えたのだと言ってました。
その話を聞いた時もなるほどなぁ…と感心した記憶があるのですが、向こうの人たちにとって神様=キリストは切り離せない存在でしょうし、理屈とかじゃないんですよね。


ということで、そろそろお話を終わろうと思います。


あー、とりあえずはこれ見て原作の本が読みたくなりました。
あと願わくばもう一度、この映画の舞台となったロケ地を巡りたいですっ!
宝くじ当たらないかなぁ~(*^^*)





スポンサーサイト

テーマ : ダ・ヴィンチ・コード
ジャンル : 映画

コメント

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

高月綾乃

Author:高月綾乃
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。