スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランスフォーマー

昨日、妹がずーっと見て見たいと言っていた『トランスフォーマー』を一緒に見てきました。
それにしても夏休み中のせいでしょうか。
映画館は大変混雑していて、予想以上にトランスフォーマーもお客さんが入っていて盛況でした。

さて、まずは簡単な説明ですがこの映画はドリームワークスが手がけた作品で、監督はアルマゲドンやパールハーバーといった大作を撮った方でマイケル・ベイ監督です。
その二つがタッグを組んで新しい映画を撮ったと聞けば、それなりに期待度もUPするというか・・・。

正直、私はあまり期待していなかったのだけど娯楽(エンターテイメント性)映画としてはこれほど面白いものは無いですね。
っていうか、難しい専門用語とかもほとんどないし、「敵=完全悪」とハッキリ描かれていますし。
下手な予備知識を入れて見に行くよりは、気軽な気持ちで迫力のあるアクションシーンや、爆発シーン、それから車がトランスフォームするCGのすごさを堪能したほうがいいんじゃないかなぁって思いました。
兎に角、2時間半ちかくの長さのわりに時間があっという間に過ぎていくと感じたくらいテンポも良いし、所々コメディっぽいシーンがあったりして観客を飽きさせることなく次々と場面が変わっていきますしね。
最初にも書いたように娯楽作品としては完璧な出来だと思いました。
これぞまさしくアメリカ映画っていうか、ハリウッドムービーですね。
なので、気軽に映画を楽しみたいという方にはピッタリじゃないでしょうか。

また、子供にも非常にわかりやすい内容っていうのもポイントだと思う。
最近の日本の子供は一部を除いて多分こーいったロボットものってあまり見ないだろうし、おもちゃも買わないと思うから、逆にアメリカの子供にはきっとすんなり受け入れられるだろうなって思いました。

あと見所としては最新鋭のアメリカ軍の戦闘機などが随所に散りばめられていることかな。
こーいうのが好きな方にも良い感じ。
ちなみに、ちゃんと軍に協力申請を願い出て、アメリカ軍のバックアップでかなり本格的な戦闘シーンが大画面で堪能出来ますよ☆

まぁ、この映画事体、俳優さんはある意味脇役であって、メインヒーローはいろんな車やヘリコプターなどをトランスフォームしたロボットですよ。
主役をやっていた人は初めて見る方でしたが、その代わりに脇ポジではアンジェリーナジョリーのお父さんが出ていたりしてそれなりに見ごたえがありました。



それにしてもこの夏、あとみたい映画は「レミーの美味しいレストラン」くらいかな。
秋以降にはバイオハザード3や、いろいろ見て見たい映画がもりだくさんなので今から楽しみです♪













↓web拍手レスです
まぐろ猫さま>

お久しぶりです。
まぐろ猫さまのこと、ちゃんと覚えていますよ。
こちらこそ、相変わらずマイペースというか特に面白味も何もないブログにもかかわらず、足を運んでくださったみたいで大変嬉しく思っています。
それなのに、レスが遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

さて、ところで先日は拍手にてコメントを送ってくださってどうもありがとうございました。
あのようなたわいもない愚痴に対し、真摯にコメントしてくださったまぐろ猫さまのほうが他人の気持ちを理解して本当の意味で優しい方だと私は思いました。

それにしても、正直申し上げると最近こういった内容のブログや日記が多過ぎて、たまたま読んでしまった時は悲しいのを通り越してなんでこういう考えしか出来ないのだろう…とマイナス思考に陥ってしまいます。
まぁ、誰にでも好き・嫌いがあるのは仕方ない。
また、個人のブログや日記だから何を書いたからと言って、他人に文句を言われる筋合いは無いって思われている方もきっといらっしゃるでしょう。
けど、ネットにそれ相当のことを載せるというのは、言いかえれば自分の発言に責任を持たないと駄目じゃないでしょうか。

勿論、SEEDに限らず、私にも大小の差はありますがあまり好きじゃないものとかありますよ。
けれど、それをブログなどで堂々?とあのキャラは嫌いだから死ね!とか、馬鹿にした発言を平気で載せている方を見るとそれってどうなの?って思います。
それでなくても、以前にもたまたま偶然に同じメイトのお店で見かけた方がSEEDの水彩画タッチのポスターを飾ってあるのを見て、店内に聞こえるような大きな声で「○○のはあるのになんで●●たんのは無いの?○○はもう死んだキャラなのに描き下ろしでグッズになるなんて許せない!」(すいません、敢えてキャラ名は伏せます)なんてことを平気で言ってる方に遭遇してしまい、なんかね…愚痴りたくなる気持ちは判らないわけじゃないけど、それを店の中で言う意味があるのか?と思ったのと同時に、名指しされたキャラも好きだった私にとっては、ちょっとショックな出来事でした。
また、そーいう発言を平気で言っていた人が●●のキャラが好きっていうのにも正直ショックを受けました。
言った本人にとっては、日常茶飯事な軽い会話の一つだったのかもしれませんが、やはり言う場所や周辺の人たちに少しは気を遣って欲しかったですね。

それに・・・もう済んでしまったことだから…とか、
言った本人はあまり深い考えを持って言ったわけじゃなかったとしても…
軽々しく「死ね」とか言って欲しくない。
「死ね」っていう言葉そのものが今では別に大したことのないような意味で言われているのも充分判りますが。

言葉って一歩使い方を間違えたら凶器になるってことを、今の世の中ではどこか希薄になりつつあるようなそんな気がしてなりません。

なんか偉そうなことを言ってしまい気分を害してしまったら申し訳ありません。
でもまぐろ猫さまのように物事を客観的に見れる方って本当にすごいことだと改めて思いました。
そして重ね重ねコメントありがとうございました。


追伸。
ラクスのポートレート、雑誌で見ましたがちょっぴり大人っぽい雰囲気で良い感じですね。
またメイトに行く機会があったらチャレンジしてみたいと思います。




スポンサーサイト

テーマ : トランスフォーマー
ジャンル : 映画

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

高月綾乃

Author:高月綾乃
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。