スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物騒な世の中ですね・・・

なにやら昨日17日はアメリカと日本で偶然とはいえどっちも銃を扱ったニュースがおこりましたね。
アメリカのほうは大学に侵入したアジア系の男性がいきなり無差別に発砲して、大学生32人がおなくなりになったとか。
そしてその後犯人も自殺してしまったということで、詳しい動機とか経緯がわからないまま、悲しい結末になってしまいました。
こういうニュースを見るたびに、アメリカの銃社会はまだまだ無くなりそうにはないなぁと思いましたね。
日本と違い、自分の身は自分で守る、だから銃を持つという理論そのものはわからないわけではないのですが、やはりこういう事件が起こってしまうと、関係のない人間が巻きこまれるのはちょっと遣り切れないですね。
あと、大学の対応のマズさもどうなのか?
2時間も犯人を野放しにしてしまったというのは、やっぱりどう言い訳してもねぇ…
確かにあんなに広大なキャンバスですし、探すのは簡単ではないけれど、現代の社会においてそれもアメリカという情報の最先端をいってる国の対応としては少し違うような。
まず何が一番大事か…を、大学の関係者たちは判断を見誤った気がします。
多分、出来ることなら警察などに連絡したりせず表沙汰にしないで、大学の中で解決したかったのでしょうけど…。

犠牲になった学生さんたちのご冥福をお祈りします。



それと、長崎の市長さんが発砲されて心肺停止になったとか。(今現在は容態がもちなおしたのかまだ私は判りませんが・・・)
それにしてもアメリカと違い、一応表向きは銃とは無縁の国、日本において銃による事件が起こるというのはなんというか…
まぁ、今の日本は多分もう安全神話は完全に崩れていると思うのね。
この間の英語教師の殺害ニュースとか見ていても、ひしひしと感じます。
日本の外の国からは日本は世界の中でも特に安全な国というイメージがまだまだ強いと思う。
実際、私も何度かいろんな国に旅行に行って見て、そう実感したことが何度もありましたし。
そして帰国するたびに、「あーやっぱり日本は平和で安心する」って思いました。

話は逸れましたが、今回の市長さんへの発砲事件は正直言えば、起こるべきして起こったかなと。
私はあまりこの市長さんがどのような政策を取られていたとか詳しくは知りません。
ですが、ニュースで時々見かけるたびにいつかこのような事件が起こるような気がしていました。
あ、この市長さんが悪いっていうわけではないですよ。でも普段からいろいろな問題を抱えていたようにおもいますしね。

けれど、自分にとって相手がどんなに気に入らない人間であったとしても暴力を振るっていいというのはおかしいと思います。
丸腰の相手に銃で発砲して自分の主張をするというのは、絶対正当化できません。


なにはともあれ、一日も早い事件の解決を望みたいですね。


スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

高月綾乃

Author:高月綾乃
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。