スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラブルな一日

昨日の金曜日は私にとってはトラブル続きな一日でした。
まずは、数日前から左目の瞼がかゆくてゴシゴシこすっていたら、ばい菌が目に入ったのか?
どうやらものもらいになってしまったみたいで、目がコロコロしたり瞼が重く感じたりしていました。
痛みはそんなには無いのですが、時折チクッと痛むくらいでした。
けど、目だし放置しておくのもなぁ…と思い、今は一応薬局で買って来た点眼薬をさして様子を見ています。
で、薬のおかげなのか痛みはほぼ無くなっているので、もう少し様子を見て、なかなか治らないようだったら眼科に行こうかと。
やっぱり医者嫌いは簡単には治らないみたいです(苦笑)


二つ目のトラブルは父親が車に当てられたことですね。
幸いな事に怪我もなく、大したことはなかったのですが団地の清掃などを一気に委託して引きうけている業者にパートで勤めているおばさん(顔見知りだったのです)が我が家にいきなりやってきて『お父さんが事故にあって病院へ行ったよ』と知らせてきてくれたのです。
でも私は最初何を言ってるのかイマイチ理解出来ていなくて…。
暫しの間呆然としていて、その後漸くその言葉の意味をようやく理解出来たときの驚きは言葉に説明できないほどの衝撃でした。
まさか自分の親が事故に遭うなんて…。
全く想像もしていなかったので、もしも親が死んだらどうしようかとオロオロするばかりでした。
おまけに搬送されたであろう病院が全く判らずじまいで、不安は募る一方の私でした。
が、丁度、弟が夜勤明けで帰って来てくれたばかりだったので、弟にすぐ話をして、そうして現場を見に行ってもらったり、近くの救急病院へ様子を見に行ってもらったりしました。一方妹にも連絡をとって仕事を半休して帰って来てもらったり。
そうして、私は妹や弟と連絡をとりながら家で連絡待ちをしていたのです。

事故の第一報を聞いてから1時間以上経過しても良い報告は入ってこなくて
なのにどこを探しても見つからなくて、もしかして事故をした相手が親をどこかに連れていったのかもしれないと悪いほうへとどんどん考えは進んでいくし…こういう時って冷静にならなければと思うのだけどやっぱり無理でした。

ところがそうこうしているうちに、父親はケロリとして一人で家に帰ってきたんですよ。どうやら父親は車の相手の人が病院まで連れていってくれていて検査などもちゃんとやってもらってとりあえず大丈夫ということだったそうです。
それにしてもホントに人騒がせな父で、驚いた一日でした。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメント

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

高月綾乃

Author:高月綾乃
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。