スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋から始まったアニメの感想1

【秋から始まったアニメの感想】

今年の秋からスタートしたアニメは結構本数も多く、内容もバラエティに富んでいて久しぶりの豊作のような気がします。
そこで、私が見たいくつかの作品を短く簡潔に思った感想を書き綴りたいと思います。
なお、あくまでも私個人の主観というか感じたままをつらつらと書いているので、こんな意見もあるんだなぁ~という程度に軽く読んで貰えると有り難いです。
また一話しか見ていないので一話時点での感想ということでご了承ください。

※カッコ内は私個人の独自採点となっていますのであしからず
※作画・音楽・キャラ・ストーリーなどアニメで見た場合のトータルの点数+今後の期待度です

■D.Gray-man(毎週火曜日/18時~/テレビ大阪)

西川くんがa.b.sという名前で新たにバンド活動を始めてデビュー曲がこのアニメのOPを担当するという話を聞いて見てみようと思いました。
原作は少年ジャンプで連載中らしいですが、私は漫画を全く見たことが無かったので、その点に関しては漫画のアニメ化にはあまり期待出来ないっていう先入観に囚われることなく見ることが出来ました。
まずはOP。T.Mとは違った感じの西川くんの曲で新鮮でした。ただ、もう少しサビの部分がインパクトが弱いかなって印象もあります。
作画のほうもまずまずといったところでしょうか。
そして肝心のお話ですが、ロンドンを舞台にしたお話みたいで、主人公アレンがエクソシストっていう設定はなかなか面白かった。
けどまだ1話しか見ていないので(他のアニメにも言えますが)これからどんどん新しいキャラが出てくると思います。その新しいキャラたちと主人公とのかかわりとか絡みがいろんなバリエーションに富めば面白くなる作品だなと思います。
あとこれは私個人の希望というかなんというか、原作重視な話が良い作品もあると思うけど、せっかくのアニメ化なのでオリジナルな話を取り入れてみるのもいいんじゃないかな。それによって新たなキャラの魅力が発見出来るかもしれないので。
それとキャラと声はまぁまぁ合っているかなって感じ。
ED曲はすいません。ほとんど印象に残っていないのでコメントは差し控えます。
〔70点〕

■少年陰陽師(毎週火曜日/26時15分~/関西テレビ)

こちらも同タイトルのライトノベルが原作の作品で、平安時代に活躍した陰陽師安倍晴明の孫、安倍昌浩が主人公で彼はまだ陰陽師見習いといったレベルゆえに修行を兼ねて毎夜京の都に現れる物の怪を退治していくのだが、ある夜真っ白いうさぎのような姿をした妖と出会い昌浩はこれに「もっくん」と名づける。
実はこのうさぎのような姿をした「もっくん」は仮の姿で本当は「紅連」という名前で十二神将という晴明の式神の一人だったというのが設定らしい。
そして昌浩と紅連は一緒に物の怪を退治していくことになるのだが…というのが今後の展開だと思います。
ということは、紅連以外の式神も順番にこれから出てくることになるということですよね?
私個人としては晴明の青年時代を石田彰さんが演じるらしいので、今後が楽しみ(*^_^*)

ちなみに妹はもっくんに異常反応を示して「もっくん可愛い~」「もっくんを擬人化して小説でも書こうかな?」とまで言う始末(;^_^A
そう言っていたところに実はもっくん=紅連っていうのが判明した途端、普通ならこれにハマるであろうはずなのに、なぜか紅連には食指が働かなかったようだ。
どうやら妹の中では紅連はどうでもよいらしい(爆)
〔65点〕

⇒2に続く
スポンサーサイト

コメント

Secret

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

高月綾乃

Author:高月綾乃
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。