スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の近況

【近況】

最近、少し日記が更新できない日が続いていましたが、この間にいろんな行事とかあったりしました。

まずは先日の3連休には私の住んでいる地方では一斉に秋祭りがあって、その地区によって「だんじり」や「やぐら」と呼ばれるものが町のあちこちで走っているのを見かけることが出来ました。
ちょうどお天気も恵まれて、あちこちではさぞかし見物人が沢山あったんじゃないでしょうか。
そんな中でも私の住んでいるところは「やぐら」が中心のところなんですけど、だんじりと違い2輪走行なのでこまわりが自由に効くのが良いところだと思います。
ただし、だんじりほど大型ではないですね。
ところでそのだんじりとやぐらの魅力といえば、うーん?彫り物が町ごとに違っていてどれも立派で歴史がそこそこあるってところでしょうか。
私はあまり祭りそのものには興味がないのですが、でもやはり祭りが終わるとようやく秋本番だなぁと感じます。

続いて先週の10/6(金)は十五夜でした。
でも残念ながら秋雨続きでちゃんとしたお月様は見れなかったです。
我が家は結局、今年はすすきも団子も飾ったりしなかったのですけど、やっぱり田舎とかに行けば今でも結構しているところが多いんでしょうか?

そのお月見で思い出しましたが、私が昔住んでいたところではこのお月見の時に近所の子供たちだけで町内の家をあちこち訪問してはお菓子を貰って帰るという風習がありました。
小さい頃は一年に一度のこの日がとても楽しみでしたねヽ(´▽`)/
っていうか、なんとなくルーツはアメリカのハロウィンみたいなものなのかもしれません。
だって子供たちが普段あまり顔馴染みでない家に数名で押しかけては「○○さん、柿突かして!」っていう言葉を言うんです。(ちょっと言葉は曖昧ですが)
当時はこの意味が全く分からず母親にこういう風に言いなさいといわれるまま言ってましたが…
すると、そこの家の人が訪問した子供たちにいろんなお菓子を渡すんですよ。
ハロウィンでいうところの「お菓子をくれないと悪戯しちゃうぞ」っていうのと同じ。
要は、子供たちに悪さをされては困るのでお菓子で買収して帰らせるということです。
今と違い、お菓子が大量に手に入ることなんて小さい頃はそんなに機会が無かったから、色とりどりのお菓子を貰えて満足した気分になった記憶があります。
懐かしいなぁ~(o^∀^o)

でももうこんな風習、今でも残って続いているところってあるのかな?
ちょっぴり夢のある昔のお話でした。
スポンサーサイト

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

だんじり-祭りならどんとこい

だんじり山車(だし)とは祭の際に使われる出し物。豪華な装飾が施されていることが多い。神幸祭などでは、山車が町の中をねり歩き行列になる祭もある。やま(「山」「山車」の表記のほか、車偏に「山」の国字の表記もある)、曳山(ひきやま、曳き山とも)、舁き山(かきや
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

高月綾乃

Author:高月綾乃
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。