スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペエディ『それぞれの剣/後編』

昨日同様、スペエディ『それぞれの剣/後編』一応、ネタバレとなっています


なので、DVD発売まで我慢するという方、また7/30にTBSでの放送を見るという方などはこれを読まれると楽しみが半減しちゃう可能性があるので読まれないことをオススメします





ではネタバレOKですか?





スペシャルエディション2
『それぞれの剣/後編』


2006.7.28 放送
#24~#28までの総集編


私は昨日と同じく一応、ビデオに撮りつつリアルタイムに見ていたのですが、正直な話、ぶっちゃけ感想というほどのものは特に何もありませんでした。
なので、とりあえず本編と違っていた箇所と、新規追加といった部分を覚えている範囲で箇条書きで書き出してみたいと思います。



++*+*++


【本編】


●#24
ダーダネルスの戦闘でハイネが死亡し、彼の遺品などをザフト軍が引き取りに来たシーンからスペエディ後編がスタート

●#24
ハイネの遺品などを積んだ車を見送るアスラン達。シンはAAとフリーダムの介入が最終的にハイネを死に追いやったと憤りその場を立ち去る
シンの後をレイとルナも着いて行き、アスランだけがその場に残される
このあたりでアスランの新規カットあり(森下絵)
アスラン、キラ達を探し出して話し合いの場を持つべくタリアに一時的にミネルバを離艦させてくれるように申し出、タリアはそれを了承する

● #24
タリアの了解を得たアスランはセイバーに乗りダーダネルスの町へと向かう
町で車に乗り換えたアスランだったが、走っている途中、町中で偶然にミリアリアと再会する
本編ではあったミリアリアとの会話はカット

●#24
一方、AA内にある天使湯ではカガリが先に一人で入っている(横顔1カットが平井絵)
そこにラクスがタオル1枚で登場(平井絵)
ラクス、湯船に入るべくお尻を大胆に披露(新規カット)
二人は湯船に入りながら話をする
その後、カガリが先に湯船から出るが本編では指輪を嵌め直し、下着を身に着けるシーンがあったがそれは全部カット
カガリを見送るラクスのアップ(新規カット平井絵)
男湯でいたキラにカガリたちの会話が耳に入ってくる(最後の1カット 横顔が平井絵)

●#24
シンとレイが地球軍の強化人間施設に向かう
そして内部調査に入った途端、レイが過呼吸の症状で発作を起こしてシンがミネルバに連れて帰る一連の部分は本編通り

●#24~#25
地中海の島に海中からフリーダムに乗って到着するキラとカガリ(新規カット)
島でミリィと合流
ミリィ、キラに向け「彼(アスラン)、あなたに会いたがってたわよ」という台詞に変更
つまり本編ではミリィからAAに通信にて「ダーダネルスで天使を見ました。赤の騎士が姫を探しています」という台詞がありましたが、これが無くなりアスランが探し出して会いたいと思っていたのはキラだったという印象になっています

そこにアスランがセイバーに乗って島へ
オーブを出てから久し振りの再会シーンなのですが、カガリはアスランに対し本編では「アスラン、お前心配してたんだからな…」みたいな台詞がありましたがこれもカット
この再会シーンはミリィとカガリが同席しているが話はキラとアスランの二人のやりとりに終始している
再会でのアスラン、キラ双方の会話は本編とほぼ同じ
「オーブを撃ちたくない、撃たせないで」というキラに対し「お前の手だってもう何人もの命を奪っているんだぞ」や「綺麗事を言うな」という台詞はそのままです
ラクスが狙われたことを伝えるキラは今はプラントを信じることはできないと言い、アスランと意見が対立してしまう
結局、話合いも平行線のまま別れることになるが、本編でアスランが最後にカガリの指輪を見て「(ユウナとの結婚について)理解は出来ても納得は~」という台詞もカット

●#25
ロドニアのラボ(強化人間の研究施設)の内部にアスラン・シン・タリア・アーサーが調査に入るシーンは本編通り
またファントムペインの3人の会話やアウルのブロックワード、ステラが単独に施設へと向かうシーンも本編と同じ

●#26
ステラがシンたちとの戦闘で怪我をして、ガイアのパイロットがステラとわかったシンは彼女をミネルバに連れて帰り医務室へ行く
そして治療を頼むがステラが突然暴れだし、ミネルバ内は騒ぎとなるがそこにアスランとルナがその騒ぎを聞きつけ医務室に来るシーン、及びルナが暴れているステラを見て先日シンが海で溺れて助けた子だと知るシーンは新規(森下絵)

●#26
海底にいるAAのデッキでのキラとラクスの会話シーンは全部平井絵に変更
プラントの情勢が気になるからプラントに行くというラクスにキラは心配で自分もついていくというがラクスはカガリやAAを守るのがキラの役目だと諭す
またアスランと話し合いが決裂したことを知っていたラクスはキラに向け「アスランが優しくて誠実な方なのは貴方が一番よくご存知でしょう?」と励ます台詞あり
その言葉でキラは納得し、最後にラクスをそっと抱き締めるシーンがあり

●#26
ミーアがプラントに乗って帰るシャトルをラクスたちは強奪して宇宙に上がるシーンで、シャトルの援護に来ていたキラはフリーダムの通信越しでラクスと見詰め合う部分、それぞれ1カットずつ平井さん新規絵に変更

●#27
ルナ、タリアの命令でアスランを尾行したのちの報告シーンはカット
宇宙に上がったラクスとバルトフェルトはダコスタ達と合流するシーンカット
クレタ沖にて地球軍(オーブ含む)とザフトが大規模な戦闘が開始されると聞き、AA内でカガリが悩んだりするシーンカット
ネオのシャワーシーンカット

●#28
クレタ沖での戦闘シーンはほぼ本編通り
そんな中、微妙に戦闘シーンが違う部分が数ヶ所あるが一番の変更はアウルが最後シンによって撃墜される攻撃方法が変わっている
それ以外はキラがアスランの乗っているセイバーを落とすシーン、トダカがタケミカヅチと共に沈むシーン、シンが怒りに身をまかせオーブ軍をおとしていく戦闘シーンなどは本編と同じ
一方、アスランはオーブ軍を止めようとAAから出撃してきたカガリの名前を一度も呼ばず、また再び自身の前に現れたキラに対し、戦場を混乱させる強大な力を持つ彼を止めることだけに意識が向いている描写となっている
最後はトダカの乗艦していたタケミカヅチをソードで切り裂き、その様子をストライクルージュで見ていたカガリの絶叫でスペエディ『それぞれの剣』EDへ



【ED】


ED曲はlisa『tears』

EDの曲に合わせオール平井さん書き下ろしの新規絵となっています
イラストの順番は以下の通り

①アスラン一人《46話の衣装でインナーのみ違う》
背景が黒い中、横向きで一人淋しそう(切なげ)な表情を浮かべているアスラン
左手にはハウメアと多分指輪が手のひらに乗っているが、時間の経過とともにハウメアが砂のように粉々になってアスランの手のひらから零れ落ちていく

②アスカガ《アスラン上と同じ/カガリ・暁ドレス》
カガリは画面の左側にほぼ横向きに立っているが表情はほとんど窺いみることはできない
背景は地中海の島?(予想ではキラたちと一緒に再会した島かな?…と)
このイラストが時間とともに光を帯びて背景と同化するように指輪とハウメアのカットが重なり消えていく

③キララク《キラ・黒のベルト服/ラクス・暁ドレス》
互いに向かい合う形でキラがラクスの両手を握っている
二人とも穏やかな表情をしている
背景は宇宙の星雲⇒時間の経過とともにフリーダムがバックに描かれている

④シンステルナ《シン・第1話の私服/ステラ・第1話のワンピース/ルナ・FP服》
シンがステラの手を取りどこかに連れていってあげるというような雰囲気
一方ルナは画面の右端でポツンと一人佇んでいる
背景は山間にある美しい湖のほとり

時間の経過とともにルナの斜め後ろにメイリン(FP服)、シンとステラの後ろに後ろ向きでレイ《白いパンツに黒のノースリ》、画面左奥にはスティングとアウルが肩を並べてステラのうれしそうな表情を見守っている

⑤アスラン《ザフトパイロットスーツ》
画面の中央に上半身パイスーを着たアスラン
そこに画面右側に種デス2期EDの時のように下からスクロールしていろんな人物が流れてくる
ディアッカ・ミゲル・ハイネ・イザーク・ニコルといった人々

クルーゼ隊のあと、アスランの背景は議長のアップに変わる

⑥シンキラ+アスラン《二人ともパイロットスーツ》
シンとキラ、背中合わせで立っている二人
背景はそれぞれのMSでの戦闘シーン
少しずつ二人が両サイドに離れていき、真ん中に空間が出来た場所にアスランが立つ

⑦アスキラ&ラクミア《ラクス・暁ドレス/ミーア・ステージ衣装》
画面真ん中に二人とも上半身でアスラン左、キラ右の背中合わせ
そしてアスランの隣にミーア、キラの隣にラクスがスクロールして4人で1枚のイラストとなります
そして背景には桜の花びらが舞っています

⑧キラアスシン
最後はアスランを真ん中にキラが左、右にはシンの3人のアップと背景にはそれぞれの機体が描かれていてこれでED





私個人の感想としてはやはりEDのイラストはどれもとても綺麗なので楽しみにしてほしいと思います
あと昨日にも書きましたが、キララクはほとんど平井さんの新規絵に描き直されていましたね
もう誰が見てもラブラブなカップルという感じです
それ以外のカプで思うことは、シンのエピソードにどんどんとルナを絡ませてきているのでアスルナはほぼ無いかと
またミーアの夜這いやキスをし掛けるなどといったシーンは今回は全てカットされていましたがEDにアスランと一緒の絵があるのでスペエディ3以降はミーアがアスランに大きく関わってくるのかもしれません
それとアスカガは一応ED絵はありましたが、アスラン、カガリ双方相手の心配をしたりするようなシーンやカガリが指輪を眺めるといったシーンが一切カットされていますし、再会シーンも“姫を探していた”という部分の変更、そして何よりもEDの絵でハウメアが粉々に砕け散ってアスランの手から零れていくという描写(よくよく見れば手には指輪もあるのでまさかこの先カガリがアスランに指輪を返却するシーンが追加されるとは思えないですけど……うーん)とEDの歌詞が意味深なので、やはり破局を描写しているんでしょうかね?

さて次のスペエディ3はDVD発売予定が11月だったと思うのですが、今度もテレビでやるのかなぁ?
映画に向けて少しずつ軌道修正しているような印象があるので、3以降も気になりますね



最後に、ここまでお読みくださりありがとうございました





2006.729朝 【高月綾乃】




スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

高月綾乃

Author:高月綾乃
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。