スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピクチャースタジオ 桃太郎 アスラン

さて、ルナと同時発売のアスランのほうも購入したのでさっそく写真を撮ってみました(≧▼≦)



■桃太郎 アスラン 




パッケージ
200806290103000.jpg


フィギュア 正面1
200806290104000.jpg



フィギュア 正面2
200806290104001.jpg


フィギュア 正面3
200806290105001.jpg



フィギュア 後ろ姿
200806290105000.jpg
 


フィギュア 横向き
200806290109001.jpg



イラストカード キラ&フレイ鬼役
200806290108000.jpg



イラストカード
200806290102000.jpg



かぐや姫ルナと並べて撮ってみました
200806301956000.jpg




★おまけ

アゾンのキラDOLLと一緒に
200806290110001.jpg






アスランのピクスタはこの間の土曜日に一足早く日本橋のフィギュア店で売っていたものを購入してきました(一方、妹のほうはネット通販で注文していたので到着待ちでした)
で、以前からチェックしていたお店で購入したら定価よりかなり安く手に入ったので私的には超満足☆彡

もちろんメイトなどでもいくつか置いていました

それにしても、やはりアスランはグッズ人気あるみたいで、日本橋のフィギュアを扱う店のあちこちで沢山入荷しているのを見かけました
一方、ルナも負けず劣らずフィギュアは人気でしたけどね

余談ですが、前回、前々回のピクスタも一部を除いてほとんど完売になっていてなんかホッと安心しました(*^□^*)


さて、本題に戻りアスラン桃太郎ですが、フィギュアは細かい部分までこだわった作りになっていました
特に御供のキジ・猿・犬役にはザラ隊の三人があまりにも似合いすぎて見ていて微笑ましくなりました

あとアスランの着ている羽織の背中には桃の絵が書かれていたり、きびだんごが入った袋がちゃんとあったりして細かい部分も再現されていました

それからカードのイラストについてですが、ぶっちゃけキラたんの鬼は無いよなぁ~と少し愚痴る(;-_-+
でも、ラクスとマルキオ様の夫婦役はなかなか見れないと思うからこれはこれで良かったと思うことにしました

ま、なんだかんだと書きましたが(全然レポにもなってませんが…)このピクスタのシリーズ、これからも続いてくれると嬉しいですね(*^□^*)


次は予想だとシンくんとラクスかな?
いったいどんな劇をやるのか、今から楽しみデスvv
スポンサーサイト

ピクチャースタジオ かぐや姫 ルナ

ずっと楽しみにしていた「ピクチャースタジオ」第3弾が我が家にも届きました。
そんなピクチャースタジオの今回のテーマは「和物」のおとぎ話を題材にした学園祭のお芝居で、アスランは【桃太郎】そしてルナマリアのほうは【かぐや姫】を演じたという設定のもとにフィギュアとイラストカードで構成されています。


で、さっそく写真を撮ってみました~♪
今回はちょっと枚数があるのでアスランとルナを別々にUPします。



■ルナマリア かぐや姫


フィギュア 正面1
200806301949000.jpg


フィギュア 正面2
200806301950000.jpg


フィギュア 後ろ姿
200806301951000.jpg


フィギュア 横向き
200806301951001.jpg


イラストカード ルナかぐや姫に帝アスランを始めみんなが求婚するシーン
200806301954000.jpg


イラストカード アスキラシンの3人が噂のルナかぐや姫の話をしているシーン
200806301953000.jpg



最後にアスラン桃太郎と一緒に☆
200806301955000.jpg




それにしても、ルナのかぐや姫はとっても可愛くて出来もGoodですねっ。
青いリボンに、袴も青で統一していて彼女のトレードマークの黒のニーソにミニ丈の袴と相まってとてもキャラにピッタリ。
また台座についているウサギもキュートです。


一方、カードのほうはルナ姫に仕える侍女にステラ、求婚メンバーにアスラン・キラ・シン・アウルにスティングの5人が登場していてすごく豪華なキャスティングでした。

個人的にはステラとルナの組み合わせイラストがめっちゃ可愛くて、アニメ本編でもこんなシーンがあれば良かったなーとふと思いました。

テーマ : フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

福田監督のコラムスタート!

今日から携帯用【SEED Club】にて、福田監督のコラムがスタートしましたよ!

私も一応これに入っているので、ずっとコラムを楽しみにしていたのですが、ようやく始まって良かった(;^_^A
だって、映画の話が発表されて二年が経過したのにもかかわらず、進行の状況とか全くわからずじまいでしたしね。
でも、これから監督のコラムの中で、少しずつ映画の内容とか語られていくと思うので、楽しみです☆彡


さて、記念すべき第1回目は、携帯画面で6ページにわたり、なぜコラムを始めることになったか、映画の制作進行がどうして遅れているのか(脚本家で監督の奥様でもある両澤さんの体調についての説明も含む)から、キラたんが乗る予定のストフリの次MSのデザインをMSデザイナーの大河原さんに頼んでいてすでにデザインが早くから出来上がっていたのだが、それがユニコーンガンダムのギミックと似ている部分があったので、結局その初期のデザインはボツになったこと(かわりに新しくまたデザインし直してもらう)、それと映画のテーマも二年前のときに決めていたものは今の時代には少しそぐわなくなったので変更、そして一旦プロットは白紙に戻すことにしたそうです。
中でも一番の核だったキララクの二人の「愛情」のその後(種デスの続きの時代設定として)をもっとほりこんで書くつもりだった。
つまり二人の関係は恋愛中心から、精神的な繋がりへと描写したかったらしい。
けど、映画は上映する時の世間の流行りがどういうものになるかを予想しつつ作っていかないと、さっき書いたように時代にそぐわない内容になってしまう。
また、映画はテレビシリーズとは違い、作るにしても映画のどの部分に重きを置いて何を観客に伝えたいのかがはっきりと提示しないとダメだから適当に作ることは出来ないらしい
(たぶん監督の言いたいことはわざわざお金を払ってまで見てもらうわけだから、ある程度のリサーチとかもしておかないといけないでしょうしね)

そういった点もあって、キラとラクスの愛情とは?という初期に考えていたプロットを白紙にすることにしたそうです。


…ま、ぶっちゃけ難しい話は私にもよくはわからないので、それよりは、やはりガンダムなのだからMSが格好良く動いて見せ場をいっぱいつくってくれるほうがいいかも。
それに私の場合、キャラ萌え・話の補完は自分の中で妄想でいくらでも楽しむほうなので。
映画ならではのエンターテイメントさを見せてもらったほうが嬉しいですね。





なんか、うまく監督の言いたいことが書けなくてすいません。
ま、出来たら気楽に読み流していただけるとありがたいです(*^_^*)

今月のガンダムAとフォトコレ情報

今日の夜、いつも立ち読みする本屋で模型誌やガンダムA8月号をパラパラと見てきました。
で、SEED関連記事を簡単に内容レポしますね☆彡



【ガンダムA 8月号】


SEED関連はいつものごとく連載企画のみで見開きで2ページ

・SEED Clubと連動しているページでは、今回はアスランとキラの二人が水着姿でビーチバレーをしている姿が描かれています
もちろんイラストはA'sまりあさん

・新條まゆさんのミニコラム&イラストでは、今回はSEED DESTINY時代の18歳キラを取り上げてオーブ服のキラのイラストを描いています
そしてコラムの記事では新條さんお気に入りシーンは花嫁カガリを強奪するシーンだそうです

・『データガンダム』では、今回はシン・アスカを取り上げ4ページの記事が掲載されています



それ以外に本に載っていた中でプチ情報としては



★メガハウスから来月発売予定のフォトコレの詳細が少しわかったので書いておきます


『ガンダムSEED フォトコレクション Cell DX PHASE-rewrite BOX』

・2008年7月下旬発売予定
・1BOX 16枚入り


■現在わかっているラインナップ■

*アスラン
*キラ 地球軍制服を着ている
*ラクス ツインテールの髪型にステージ衣装を着ている
*カガリ ウズミに頭を撫でられている
*フレイ 裸に制服の上着を羽織っている
*キラ&トール&サイ&カズイ&ミリィ
*アスキラ+トリィ
*幼年期アスキラ+ロールキャベツ
*アスイザ スーツCDに収録チェスをしたときのエピソード
*アスラク 婚約時代でオカピを二人で見つめている
*ラウ&ムウ 背中合わせ
*ディアッカ&ニコル&ミゲル
*マリュー&ナタル



今のところ13種の絵柄が判明していますが、あと残り3種はいったいどんな絵なんでしょうね。
発売が待たれます!



.

ジューンブライド

アゾンで男の子用のタキシードが発売になったので、さっそく我が家のキラと、そしてラクスにはウェディングドレスを着せてみました。
ちょうどジューンブライドの季節ですしね。



■ラクス単体でドレス姿


200806221348000.jpg


200806221336000.jpg





■キラ&ラクス


200806221339000.jpg


200806221342001.jpg


200806221346000.jpg


200806221346001.jpg



二人ともとっても似合っていて、おまけにラブラブっぷりを見せ付けられてしまいました(苦笑)

テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

ディアネイラをお迎えvv

妹が注文していた「ヒロイックエイジ」のディアネイラのDOLLが入荷したとの連絡を受けたので、昨日、日本橋まで行ってお迎えしてきました♪




200806212245000.jpg


200806212247000.jpg


200806212248000.jpg



10話で着ていた私服ver.

200806212259000.jpg


200806212300000.jpg


200806212301000.jpg




テーマ : ドール
ジャンル : 趣味・実用

メイリン ハピバ(≧▼≦)

20080612203303


今日、 6月12日はメイリン・ホークのお誕生日ですね。



と、いうことで。



HAPPY BIRTHDAY TO メイリン☆彡



メイリンも19歳になったのかな?
劇場版でもオペレーターとしての活躍を見られるといいな(*^□^*)

7月号のアニメ誌 プチレポート② SEED編

【NT】


・NTにはSEED関連記事は特にありません



【アニメディア】


・「がんだむなびR」が1ページ
今回もSEED clubと連動した企画"ご当地たねきゃら=甲信越・北陸編"としてこの地方の有名な人や物を紹介しています


=投票結果は下記の通り=

1位/武田信玄(山梨)・上杉謙信(新潟)
2位/お米(新潟)
3位/笹団子(新潟)
4位/甲州ワイン(山梨)
5位/置き薬(富山)

そして大賞は御柱祭(長野)で、あずまりあさんのイラストではこの祭りの法被を着たシンと、小さく本編で着用していた私服のステラのカットがあり

尚、投票の意見の中で1位の武田信玄・上杉謙信にはそれぞれどちらもアスランとキラが合うんじゃないかという意見が多かったそうです

・作品部門及び男女キャラ部門でトップ3に入ったキラとラクスの描き下ろしイラストと二人の“絆”について編集部からのコメントや、声優さん、監督のコメントなどが掲載されています
ちなみにイラストは見開きでキラは白服、ラクスは議長服?で二人とも笑顔なイラストです
原画はほしのますみさん

あとおまけにアスランとカガリの今後は?という内容でメディア編集部のコメント記事もあり


・SEED DESTINYのスペシャルPVについての情報も掲載されていますので、詳しいことは雑誌を参照してくださいね



【アニメージュ】


・先々月から新連載がスタートしている『ピクチャースタジオ SEED Club V・A・C・A・T・I・O・N』が1ページ
今回はディアッカとイザークを取り上げてミニ話と可愛らしいイラストで構成されています(ディアッカがミリィを思い浮かべている・イザークとシホがディアッカを怪訝そうにみているイラスト)

・同じく連載中の『ガンダムSEED 占い Returns! Best Shot』が1ページ
今月は「PHASE-19 宿敵の牙」よりキラとカガリ、そしてバルトフェルトの3人のやりとりを名場面としてコラムとアニメ本編の絵で構成されています

・ガンダムトピックスが1ページ
“これが最新型のガンダム
SEED DESTINY”と題してスペシャルプロモの映像を紹介




あとは少し前のブログにも書きましたが、メージュの応募者全員サービスに「ピクチャースタジオ きら×あすらん VACATIONセット」が登場!
これは今回、メージュが創刊30周年を記念に企画したものです


■「ピクチャースタジオ きら×あすらん VACATIONセット」申し込みについて



*応募締め切り/7月9日当日消印有効

*1セット/4800円(送料込み)

*申し込み方法/アニメージュ7月号を購入し、本誌188ページにある「払込取扱票」に必要事項を記載し、郵便局の窓口に持っていき振込み手数料(120円別途にかかる)と4800円を支払う
その際、必ず振込み専用の窓口の開いている時間に振込みすること
またATMの機械で電信振込みは不可!

*1枚の「払込取扱票」には1セットのみしか振り込めません
2セット以上欲しい方は、メージュ本誌を複数購入してください
またメージュについている「払込取扱票」以外の用紙で振り込みは受付してくれないので注意してください

*完全受注生産品なので、この機会を逃すと店舗などでは手にはいりません

*発送予定/2008年8月下旬を予定

*商品のセット内容が一部変更になりました

メガハウス「ピクチャースタジオ」で全長55ミリのフィギュアのセットはそのままですが9枚のフォトカードがストーリーカード6枚に変更
またそれ以外にメージュから振り込みした方には《きら×かがり》のキャラカード1枚がつきます
そしてネット通販から振り込みされた方には《あすらん×らくす》のキャラカード1枚がつきます

つまり、本誌とネット通販とではキャラカードの絵柄が変わるみたいです

なので、両方欲しい方はネット通販と本誌両方で申し込みするしかないみたい?


*フィギュアの詳細

赤の海パンをはいたアスランと、青の海パンに緑の浮き輪(withトリィ)をもったキラのフィギュアです
このフィギュアは台座の真ん中で分割されていて、アスラン、キラそれぞれ単体で飾ることも出来るし、一緒に並べると二人の手にハロの形のビーチボール(アニメージュ30周年のロゴ入り)を置いてあげることも出来ます
また、キラのフィギュアにはミニサイズの緑のビキニ姿のカガリが、一方のアスランのフィギュアにはツインテールに白のセパレーツの水着を着たラクスのミニサイズのフィギュアがついていて、これはこれでとっても可愛いですvv



その他商品について詳しいことや、新しくオープンした《徳間書店ネット通販 tokuma-ECサイト》からの申し込みなどについてはぜひご自身の目で確認してください






以上、アニメ誌の簡単な紹介でした☆
もっと詳しいことを知りたい方は、ご自身で本をチェックしてくださいねっ☆


7月号のアニメ誌 プチレポート①

憂鬱な梅雨の季節の中、久し振りに晴れた午前にいつものように近くの本屋へと立ち読みに出掛けてきました
そしてアニメ誌をパラパラと見てきたのですが、いつものごとく本を隅から隅まで見て来たわけではないので、所々間違っていたり忘れている部分もあると思います
ですがその点は寛大な心で見ていただけると有り難いです



【NT】


・表紙 「涼宮ハルヒ 新アニメーション」より涼宮ハルヒ

・付録
①「ガンダム00」NTで今まで掲載された本誌の記事を1冊に纏めた冊子
総100P収録
②「コードギアスR2」綴込み付録 ギアスポストカード付き20Pガイドブックファイル

・綴込みピンナップ 「らきすた」

・巻頭特集記事 「ハルヒ 新アニメーション」と題して、新しくスタートするハルヒの情報をどこよりも早くお知らせした記事

・「マクロスF」は先日発売になった≪娘フロ≫のアルバム全曲紹介と、マクロスFの音楽を担当している作曲家 菅野よう子さんのインタ&新キャラのブレラの紹介など

・その他、「ソウルイーター」では今後登場予定の新キャラの紹介と放送済アクションシーンの見所の記事や、「純情ロマンチカ」などの春アニメの情報、それから7月スタートのアニメの記事などありました



【アニメディア】


・表紙「コードギアスR2」より、ルルーシュ/ロロ/スザクの3人

・付録
①パロメディア(パロディ作品ばかりを集めた小冊子)
②人気声優80名のプロフィール掲載された小冊子「直筆 声優データファイル2008」
(ただし石田彰さんとか保志さんとかは掲載されていません)

・綴込みピンナップ「ソウルイーター」より、ソウル/ブラックスター/キッド/シュタイン/スピリットの5人が浴衣を着て花火を楽しんでいる描き下ろしイラスト
そしてピンナップの裏にはソウルイーターのオリジナルドラマCD(応募者全員サービス)の案内など

・巻頭特集は創刊27周年を記念して"27(つながる)絆に魅せられた"「読者が選ぶ歴代人気作品ベスト27と題して、作品・男女キャラクターの読者による投票結果を紹介

ここでは上位ベスト5をピックアップしてみます

≪作品≫

1位:コードギアス反逆のルルーシュ
2位:機動戦士ガンダム00
3位:機動戦士ガンダムSEED シリーズ
4位:家庭教師ヒットマン REBORN!
5位:銀魂

≪女性キャラ≫

1位:「コードギアス反逆のルルーシュ」より、C.C
2位:「機動戦士ガンダムSEEDシリーズ」より、ラクス・クライン
3位:「らき☆すた」より、泉こなた
4位:「涼宮ハルヒの憂鬱」より、涼宮ハルヒ
5位:「銀魂」より、神楽

≪男性キャラ≫

1位:「コードギアス反逆のルルーシュ」より、ルルーシュ・ランペルージ
2位:「機動戦士ガンダムSEEDシリーズ」より、キラ・ヤマト
3位:「家庭教師ヒットマン REBORN!」より、雲雀恭弥
4位:「新世紀エヴァンゲリオン」より、掟シンジ
5位:「ハヤテのごとく!」より、綾崎ハヤテ

投票結果は以上の通りでした
そして上位作品にはそれぞれ描き下ろしイラストとともに"絆"についてのエピソードや記事が掲載されています


・その他メディア特集記事は≪おブスな水着! モテ水着!! ビビビッとCheck≫と題して
「To LOVEる」「ソウルイーター」「マクロスF」の3作品は女の子キャラばかり
「今日からマ王」「ネオアンジェリークAbyss」の2作品は男の子キャラばかり
の水着イラストと記事になっています

・7月スタートの「スレイヤーズ REVOLUTION」「ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~」の紹介

・「マクロスF」からは≪デカルチャーHITS!≫と題して、見開きページでランカを取り上げています



【アニメージュ】


・表紙「コードギアスR2」より、ルルーシュの顔アップイラスト

・付録
①「コードギアスR2」別冊設定資料集
②「ゼロの使い魔/釘宮理恵&日野聡」「一騎当千GG/浅野真澄&生天目仁美」の2作品のラジオCD

・綴込みピンナップは2種
①「ガンダム00」よりソーマ&セルゲイの描き下ろしピンナップ/裏はこのキャラを担当した声優さんによる対談記事
②「BUS GAMER」より原作者峰倉カズヤさんによる描き下ろしイラストピンナップ/裏は当作品の紹介と鈴村健一さんのインタビュー記事で構成されています

・巻頭「コブラ-ザ・サイコガン-」
26年振りにアニメ化されるそうです

・巻頭特集「コードギアスR2」より"謎と疑問 30 大予想"と題した特集記事
今後登場予定の新しいキャラなども紹介されています

・その他特集として「マクロスF」からはアルバム≪娘フロ≫の紹介と作曲家菅野よう子さんのインタや、ランカ役の中島愛さんのインタ記事

・「ソウルイーター」からはブラックスター&椿のエピソードと描き下ろしイラスト
それとブラックスターとマカ、椿役の声優さんたちによる対談
今後放送予定の情報など

・「今日からマ王」の他、現在放送中のアニメの情報に7月スタートのアニメの紹介




*プチトピックス*

★メガハウスより「コードギアスR2 キャラフォーチュン ドキドキハート占い」が全14種で9月上旬に発売予定です(1個/315円)
既存のキャラはもちろんですがロロを始めR2のキャラも含まれていてとても可愛いですよ

★ 同じくメガハウスより「コードギアス反逆のルルーシュ」第1話と第25話の名場面を形にした限定セットが発売になります
これもキャラフォーチュンと同じデザインなのですが、第1話のほうはルルーシュ&スザクの少年時代+CCの3人組で1セットで、第25話のほうはゼロ&スザク+カレンの3人組で1セットとなっています(各1セット/1050円)
尚、この商品はどちらも限定で、8月のアニメイトと夏に開催されるイベントでのみしか販売されません

★ギアスの新OPはFLOW(タイトル未定)8月13日発売
そしてEDを担当するのは
ALI PROJECTです

★ソウルイーターの第2期EDを担当するのは期待の新人、西野カナさん

★10月よりスタート「のだめカンタービレ 巴里編」





ちなみにSEED関連は次にまとめておきます

『コラソン de メロン』

20080609025703


私と妹はちょうど先週、この映画の監督や主演の役者さんたちが揃って舞台挨拶に来るのを友人からの情報で知ってそこでチケットを取るのに夜中必死に頑張ったのですが、結果は見事に取れず撃沈( ̄□ ̄;)!!
正直、もう見れないと思い諦めていたのですが、そんな時に西川くんファンの友人からメールで"チケットが複数枚Get出来たから良かったら見に行く?"と、温かい救いの手を差し出してくれて、おかげで私達は見に行けることになりました。



さてその「コラソン de メロン」ですが、先週の関東地区に続き、6月7日の土曜日に名古屋・京都・大阪(堺市鳳)の3カ所で映画の公開が始まりましたね。
私達と友人はアリオ鳳内にあるTOHOシネマに見に行ってきました。
そして映画が始まる夜まで久し振りにその友人と会ったのでお茶しながらいろんな話をしたりしてまったりと過ごしました。
あー、楽しかったなぁ(*^_^*)



ところで肝心の映画の感想ですが、一言でいえば主役の泉(井上和香さん)には私はなれないなーっと。
泉はとにかくすごく好きになった男の人にトコトン尽くすタイプの女性で、とても健気な女性でした。
一方、その泉が尽くすヒモ男ヒロミ役には西川くんが演じていて、こちらはもう全然仕事にもつかずにとにかく女に働かせてご飯を食わせてもらう最低男なわけですよ。
そんな二人が同棲を始めて、いろいろなことがあって、それでも最後にはそれぞれ貢ぎ女とヒモ男から卒業して二人は新たな関係を築いていく話なのだけど、でも正直、「これは恋愛話」っていうのとはちょっと違うなーとも思いました。
どちらかというとお互い、依存しまくっている関係って言ったほうがしっくりくる。
泉は彼が離れていかないように一生懸命尽くすのだけど、それって精神的に相手に依存しているってことの裏返しだよね。
またヒロミのほうも病気(仮病)を理由に泉にあれこれ貢がせる傍ら、別の女とも付き合っておまけに肉体関係を持ったりして二股をかけたりして最低ヤローなわけですよ。
私なら、二股の段階で付き合えないと思うし、泉みたいに騙されているとわかっていても尚、黙って尽くすその心理が理解出来ても自分はそんな風にはなれないなーと思いましたし。

でも確かにこーいうヒモ男って、ほっておけないっていう人もいるんですよね。
自分が面倒みてあげなくっちゃ、この人は駄目になっちゃう…という心理が働くんでしょうね。これってつまり母性本能を擽られちゃっているんでしょうかね?


なんか話が脱線しつつあるので元に戻して…
映画そのものは77分というわりと短い作品ではありますが、その中で笑いもあり、また泉の一途な思いに同じ女性としてホロっとさせられたりして決して派手さはないけれど知らない内に気がついたら魅入っていたといった作品となっています。
また、井上和香さんの気取らない自然な演技にはとても好感が持ちました。
一方、西川くんはやはり元は歌を歌う人なので芝居に関してはどうしても演技を作っていますという感じに私の目には見えてしまったのがちょっと残念でした。
でも、監督さんを始めアットホームな雰囲気の中でこの映画が作られたんだなーというのは、画面からも充分伝わってきましたよ。
あと、主役の二人以外のサブキャラを演じられた方たちはどの方もとても個性が出ていて面白かったです。

全体的にはミニシアター系で公開されているような印象の、派手さは無いけど珠玉のラブストーリーな映画だなぁ~と思いました。




それから、映画が終わったあと続けて舞台挨拶がありまして、とりあえずプチレポートをば。


*この日は名古屋⇒京都・二条⇒大阪・鳳に舞台挨拶のハシゴだったそうですが、鳳ではだいたい20分~30分近くお話していたと思います
*登場順は司会の人/田中誠監督/井上和香/西川貴教/スキャンダル(映画の主題歌を担当している女子高校生4人組のバンド)でした
*京都の二条のTOHOシネマには西川くんのお母さんが見に来られていたそうです
*井上和香さんはやっぱり女優さんだなーというか、芸能人のオーラを纏ってましたね☆彡
とにかくキレイで、テレビでみるより細かった
黒と白のツートンカラーのノースリワンピース(胸の少し下の部分で切り替えしているデザイン)に胸元がほどよく開いていて見事なバストをお披露目していました(≧▼≦)
そして首にはキラキラ光り輝くネックレスを着けていてライトに反射してはキラキラ眩しかった
*西川くんもネクタイがキラッと光っていましたね(多分ネクタイピン?)
白っぽいシャツにスーツ姿でジャケットのボタンは外していてネクタイがよく見えた
*スキャンダルの4人の子たちはおそろいの服(テレビで着用している制服姿)でした
*トークの内容はほとんど覚えていないのですが、印象に残っているのは西川くんと和香ちゃんがとにかく終始大声で腹を抱えて笑いっぱなしでした
*西川くんはライブと同じような感じでトークの間ずっと関西弁でしゃべりまくってました
*エキストラにエピックの社員(西川くんが所属しているソニーのレーベル)を始め、業界の関係者とか沢山出演しているらしい



なんかもっとちゃんとしたレポートと感想を書けたら良かったのですが、一晩寝てしまったらすっかり忘れてしまいました(汗)
最後に、この映画は過剰な期待をしないで、どちらかというと気軽に見られたほうが楽しめますよ。
是非、近くの映画館に作品が公開されたら一度見にいってみてくださいねー。(※但し、西川くんの熱心なファンでキスシーンとか見るのは嫌という方は止めておいたほうが賢明かも)



.

web拍手レス

>5/31 16時台 りな様

まずは、またまたコメントをカキコしてくださりどうもありがとうございますm(__)m

さて、りな様は最近種にハマったんですね。
いったい何がキッカケでハマられたのでしょう?
なんかとても興味が惹かれます。
そして、シン・キラ・アスランの3人が特に好きということで私と同じですねー。
あ、でも私は特に嫌いなキャラというのも無いんですよ。
女の子のキャラも好きですしね。
みんな可愛いし、魅力的だなーと思っています。

ところでグッズは最近集め始めたということで、ある意味ラッキーじゃないですか。
種のグッズは今はわりと落ち着いていますがアニメ放送時はありとあらゆるグッズが出ていて集めるのはかなり大変だったと思うのです。
出たものを全部を集めるとなると難しい気がしますし。

多分、今後グッズが出るのはやはり劇場版の公開に合わせて新しいものが出そうですよね。
映画の制作進行が気になりますが、私はまだまだ種が大好きなので飽きるまで待つつもりですっ。

ということで、当面は今月発売予定のピクスタ、それからぬいぐるみは頑張ってGetしたいと思っています。

最後に、りな様も欲しいグッズが無事に手に入ると良いですね。
頑張ってください!

『ごめんなさーい!!!』

忘れていたわけじゃなかったのだけど、ここのところバタバタしていてお祝いの一言もブログに書けなかった…(;^_^A


ということで、遅れ馳せながら一言お祝いのメッセージを言わせてくださいねー。



★5/30 保志総一朗さん(36歳)
☆6/3 HIROこと貴水博之さん(39歳)
★6/6 倫くんこと黒田倫弘さん(36歳)



ホッシー&HIRO&倫くん お誕生日おめでとう☆彡



これからもそれぞれの場所で、歌にお芝居に磨きをかけてがんばっていってください
そして健康管理に気をつけて、ホッシー&HIRO&倫くんの更なる活躍を心から期待しています
ずーっと応援続けていくので三人とも頑張れ!!



.

手作りのフォトフレーム

少し前になるのですが、妹と車に乗って近くの農業公園に遊びに行ったのですが、なにせ平日の夕方近くだったのでほとんど人は居なくて貸し切り状態でした。
ちなみに私はこの場所には二度目だったのですが、かなり昔のことだったので、園内はあちこちすっかり雰囲気も変わっていて驚きました。
吊橋がかかっていたり、牧場みたいなスペースもあったりして、みた感じこれが大阪市内から一時間もかからない場所だとは思えないほど。
やっぱりこーいう場所はお弁当を持参してのんびり1日過ごすのがベターだなぁと改めて感じました(*^_^*)

そんな中、妹はせっかく来たのだから何か思い出になるものを作る!と言い始めて、結局クラフト体験教室へ行くことに。
そこでは陶芸を始めいろんなものを作れるようになっていて、妹はフォトフレームを作ることに決定。
一方私は最初傍で作るのを見ていたのですが、その様子を見ているうちに自分も作りたい気分になって、最終的に私も作ることになりました。

しかしこーいうのは性格がでるもので、気が付けば二人とも作るのに熱中。
半時間ほどで終わるかと思ったのに結局、一時間半ほど経過してしまいました(;^_^A

でも久しぶりに童心に戻った気分になりすごく楽しかったひとときを過ごしましたよ。
それと同時になんか幼稚園から小学生、そして高校時代の自分を思い出してみたり。
今でこそ何も取り柄のない平凡な自分ですが、ぶっちゃけ小さい頃は絵や工作ものにはちょっと得意だったのね。
だから何度か表彰されたこともあったりしてそれなりの結果を残してきたのでした。



なんか話が脱線してしまいましたね。



久々に工作もどきを体験して、一時間半もかけたわりに大したものではありませんが、無事に出来上がったときのうれしさは忘れられないですねっ。


これが完全したフォトフレームをですっ☆彡
20080606013002




それにしてもまぁ、今回は閉園時間が迫っていたせいもあってゆっくり見て回る時間があまり無かったのが残念でした。
それでもまた今度行く機会があったら、いろんなものを作りたいな(≧▼≦)

カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

高月綾乃

Author:高月綾乃
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。