スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンくん、ハピバ☆彡

一日遅くなりましたが、昨日9月1日はシンくんの誕生日でしたね




シンくん お誕生日おめでとう(*^□^*)




ところで、シンくんはいくつになったのかな?
2004年の放送時に16歳設定だったから、えっとー今年で21歳かぁ―
すっかり大人になっちゃって、きっと格好良くなってるんだろうなぁ




そんな風に格好良い姿を想像すると、年内には映画のその後の発表があれば嬉しいなぁと思う(。≧∇≦。)




でも、私はもし映画化がなくなっても、今までと変わらず種を好きでいるし、気持ちはかわらないよ
まったりと、種のDVDを見直したり、我が家にいるキャラドールを可愛がりながら、過ごすと思うしねっ



まぁ、シンくんをはじめとした種キャラのみんなの幸せを願いつつ…




最後にもう一度





シンくん、大好きだぁぁ





.
スポンサーサイト

マクロスF 最終回見ました

関西は関東より一日早く最終回の25話を放送していたので、リアルタイムで見ました。

で、一言で感想を言うなら、ポカーン状態(笑)
というか、ランカとシェリル、そしてアルトの三角関係も結局曖昧ENDだし、アルトが24話でシェリルに話の続きは戦いが終わったら聞くと言ってたのも全く無かったし。
アルトにちゃんと選ばせないのは、なんかずるい気が少ししました。
その上に、ランカが死にかけていたシェリルをいきなりビンタして、その挙げ句にランカの不思議な力で、あっという間にシェリルの病気は治りましたとさ …


って、何これ??
テレビの前で思わず新手のギャグなのかと思いましたw(°0°)w
まぁ、全てはアニメだからご都合主義でも仕方ないこととは割り切ってはいますが、それにしてもひどすぎません?
唯一、良かったのはシェリルの歌うシーンと、あとはブレラを始め、死にそうと思っていたキャラが無事だったことくらいかも。
そのブレラも、飛弾してケガした瞬間、ブレラを洗脳させていた髪留めが壊れて、それで洗脳があっさりと解けたりといった具合に何もかも伏線やら設定が投げっばなしな展開に、なんか一気に白けてしまいました。
最初の何話かはとても面白かった作品だっただけに余計に残念です。



まぁ、愚痴という名のミニ感想はもうこれくらいにして最後に。



マクロスF、やはり予想通りこのまま終わらずに、続きは劇場版でやることが決定しましたよ。
まるまる新作になるのか、総集編+新規カットやエピソードを加えたものになるのかは、まだ詳細は未定ですが、私の予想では劇場版でアルトの恋のトライアングルを決着させるんじゃないかなー。


そんな感じがします。




ではもう寝ることにします。
おやすみ(-_-)zz

マクロスF 24話プチ感想

いつも毎週かかさず見ていた《マクロスF》ですが、今回、少しだけ感想もどきというか、語りたかったので思い付くまま感想を書きたいと思いますが、あくまでも私個人の感じたままを文章にしています。
なので、さらっと読み流してくださるとありがたいです。



さて、関西の方は昨夜一足先に24話をみたのですが、関東では今晩ですよね。
で、放送を見ていないところも多いと思うので、出来る限りのネタバレはしない方向で特に先週から気になっていたシェリルとアルトのことを私なりに感じた感想を書いてみたい。

なんかね、来週どう展開するかはさっばりわからないけど、今週の24話だけを見る限り、先週アルトがクランと話していたシーン(ランカは俺が殺すと言い放った一連のシーンです)は、先週もチラッと思ったけど、やはりシェリルがアルトの本心を確かめないで、クランとの会話を立ち聞きして勝手にアルトはランカが好きなんだと解釈したっぽい。
少なくとも私にはそう見えました。
というか、今週の話でもアルトが本当に好きなのはシェリルで、というのがちゃんと見ていたらそう見える。
確かに最初は彼女に対し同情という気持ちが全く無かったかといえば嘘で、多分その気持ちをアルトは持っていたと思う。
でも、そう思うことは人間として普通の感情だと思うし、アルトを酷い男だと責めることは出来ません。

私はどちらかというとシェリルのほうが好きだけど、別に私自身はシェリルもアルトもランカも三人がちゃんと目の前に置かれた現実を理解した上で、自分なりに納得の出来る答えを出したのなら、結果的に誰と誰がくっつこうが、そんなことは正直どうでも良いです。
だから最後にもしアルトがランカを選んだとしても、それはそれでアルトの意志だから私は納得しますよ。
ぶっちゃけ、アルトがランカも勿論守ってあげたい大切な存在で好きなんだという気持ちも嘘ではなくて、けど描写があまりにも希薄すぎるから誤解を生んでるんじゃないかは思うんだけど。
ただ、アルトはアルトなりにシェリルへの好きと、ランカへの好きはちゃんと区別してる。だから、今回バジェラとフロンティアの決戦前にわざわざシェリルのところに行って自分の本当の気持ちを告白しようとしたのに、シェリルは告白される内容は「実は俺、ランカのことが好きだ!だからお前とのことは同情だった!」と言われると一人先走りして、アルトの告白をさえぎっちゃうんだよね。
おまけにアルトの話したいことは無事にこの戦いが終わったら聞くからと一方的にそう言ってシェリルはアルトの真意を確かめることもせずに自己完結しちゃってる。
そんな風な描写にしか私には見えなかったです。
つまり、少なくとも今はバジェラと戦うことが先決だから、シェリルも歌うことに専念しないとアルトからの告白を聞いてしまったら、銀河の妖精としてフロンティアを守る使命は果たせなくなるばかりか、最後までちゃんと歌えなくなるしね。
お互いがお互いを大切な存在とようやく気づいて、あとは認めあえば良いだけだったのに。
そういったアルトとシェリルの気持ちのすれ違いは見ていて切ない。
というか、病気に冒されているから余計に誰かの愛にすがりたくなる、甘えたくなるというのを、シェリル自身が一番理解しているからこそ、アルトの前では強気モードになって、つい心にもないことを願ってしまうのだろうけと。
挙げ句の果てに私が予想していたように「ランカを貴方が助けに行ってあげて」ということになったのね。
まぁ、ランカを助けてその後、超展開が来たらわからないけど、今回のセリフを素直に受け取ったらエンディングはアルシェリだと思いました。

シェリル、今までの辛い日々から幸せになれると良いなー。
うん!そうだよね。

あと、なんかシェリルの病気を治す鍵はランカなのかもしれないけど、私はそれよりもどちらかというとシェリル自身実は…という設定が今回明らかになるので、その設定で病気が治りそうな気がしました。

それにしても、アルトの歌舞伎と父親との確執のことやら、ルカとナナセのことやら、他にもいっぱい伏線があったのにもかかわらず、あと一回できちんと回収出来るのだろうか?
ぶっちゃけ、ランカに無駄に費やした時間をもっとそういう伏線回収のために描写を丁寧に書いて欲しかったなー。

しかし、今回一番ムカついたのは、ランカが『愛・覚えてますか』を歌いながら、エヴァのパクリもどきなシーンは正直やめて欲しかった。
せっかくの良い歌が台無し(T_T)
それと来週もしかしたらミンメイが出てくるかもよ?←そういう雰囲気を感じ取りました(笑)
なんかもうなんでもあり!というか、どんな展開がきても生暖かく最後まで見取れる気がしてきた。
ともかく、私は今回を見る限りシェリルは生き残れて明るい未来が残されているように思えたので、来週は来週と割り切っちゃいました(*^_^*)

それと、今回は絵も全体的にキレイだし、アルシェリのシーンもとってもキレイだったから、これから見られる方は是非楽しみにしてくださいね☆彡



追加。
ブレラもどうか生き残ってランカと今度こそ兄妹仲良く暮らしていって欲しいよ。
それにしても、ブレラのバルキリーかっこいいので、今後、プラモにならないのかな?

7月号のアニメ誌 プチレポート①

憂鬱な梅雨の季節の中、久し振りに晴れた午前にいつものように近くの本屋へと立ち読みに出掛けてきました
そしてアニメ誌をパラパラと見てきたのですが、いつものごとく本を隅から隅まで見て来たわけではないので、所々間違っていたり忘れている部分もあると思います
ですがその点は寛大な心で見ていただけると有り難いです



【NT】


・表紙 「涼宮ハルヒ 新アニメーション」より涼宮ハルヒ

・付録
①「ガンダム00」NTで今まで掲載された本誌の記事を1冊に纏めた冊子
総100P収録
②「コードギアスR2」綴込み付録 ギアスポストカード付き20Pガイドブックファイル

・綴込みピンナップ 「らきすた」

・巻頭特集記事 「ハルヒ 新アニメーション」と題して、新しくスタートするハルヒの情報をどこよりも早くお知らせした記事

・「マクロスF」は先日発売になった≪娘フロ≫のアルバム全曲紹介と、マクロスFの音楽を担当している作曲家 菅野よう子さんのインタ&新キャラのブレラの紹介など

・その他、「ソウルイーター」では今後登場予定の新キャラの紹介と放送済アクションシーンの見所の記事や、「純情ロマンチカ」などの春アニメの情報、それから7月スタートのアニメの記事などありました



【アニメディア】


・表紙「コードギアスR2」より、ルルーシュ/ロロ/スザクの3人

・付録
①パロメディア(パロディ作品ばかりを集めた小冊子)
②人気声優80名のプロフィール掲載された小冊子「直筆 声優データファイル2008」
(ただし石田彰さんとか保志さんとかは掲載されていません)

・綴込みピンナップ「ソウルイーター」より、ソウル/ブラックスター/キッド/シュタイン/スピリットの5人が浴衣を着て花火を楽しんでいる描き下ろしイラスト
そしてピンナップの裏にはソウルイーターのオリジナルドラマCD(応募者全員サービス)の案内など

・巻頭特集は創刊27周年を記念して"27(つながる)絆に魅せられた"「読者が選ぶ歴代人気作品ベスト27と題して、作品・男女キャラクターの読者による投票結果を紹介

ここでは上位ベスト5をピックアップしてみます

≪作品≫

1位:コードギアス反逆のルルーシュ
2位:機動戦士ガンダム00
3位:機動戦士ガンダムSEED シリーズ
4位:家庭教師ヒットマン REBORN!
5位:銀魂

≪女性キャラ≫

1位:「コードギアス反逆のルルーシュ」より、C.C
2位:「機動戦士ガンダムSEEDシリーズ」より、ラクス・クライン
3位:「らき☆すた」より、泉こなた
4位:「涼宮ハルヒの憂鬱」より、涼宮ハルヒ
5位:「銀魂」より、神楽

≪男性キャラ≫

1位:「コードギアス反逆のルルーシュ」より、ルルーシュ・ランペルージ
2位:「機動戦士ガンダムSEEDシリーズ」より、キラ・ヤマト
3位:「家庭教師ヒットマン REBORN!」より、雲雀恭弥
4位:「新世紀エヴァンゲリオン」より、掟シンジ
5位:「ハヤテのごとく!」より、綾崎ハヤテ

投票結果は以上の通りでした
そして上位作品にはそれぞれ描き下ろしイラストとともに"絆"についてのエピソードや記事が掲載されています


・その他メディア特集記事は≪おブスな水着! モテ水着!! ビビビッとCheck≫と題して
「To LOVEる」「ソウルイーター」「マクロスF」の3作品は女の子キャラばかり
「今日からマ王」「ネオアンジェリークAbyss」の2作品は男の子キャラばかり
の水着イラストと記事になっています

・7月スタートの「スレイヤーズ REVOLUTION」「ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~」の紹介

・「マクロスF」からは≪デカルチャーHITS!≫と題して、見開きページでランカを取り上げています



【アニメージュ】


・表紙「コードギアスR2」より、ルルーシュの顔アップイラスト

・付録
①「コードギアスR2」別冊設定資料集
②「ゼロの使い魔/釘宮理恵&日野聡」「一騎当千GG/浅野真澄&生天目仁美」の2作品のラジオCD

・綴込みピンナップは2種
①「ガンダム00」よりソーマ&セルゲイの描き下ろしピンナップ/裏はこのキャラを担当した声優さんによる対談記事
②「BUS GAMER」より原作者峰倉カズヤさんによる描き下ろしイラストピンナップ/裏は当作品の紹介と鈴村健一さんのインタビュー記事で構成されています

・巻頭「コブラ-ザ・サイコガン-」
26年振りにアニメ化されるそうです

・巻頭特集「コードギアスR2」より"謎と疑問 30 大予想"と題した特集記事
今後登場予定の新しいキャラなども紹介されています

・その他特集として「マクロスF」からはアルバム≪娘フロ≫の紹介と作曲家菅野よう子さんのインタや、ランカ役の中島愛さんのインタ記事

・「ソウルイーター」からはブラックスター&椿のエピソードと描き下ろしイラスト
それとブラックスターとマカ、椿役の声優さんたちによる対談
今後放送予定の情報など

・「今日からマ王」の他、現在放送中のアニメの情報に7月スタートのアニメの紹介




*プチトピックス*

★メガハウスより「コードギアスR2 キャラフォーチュン ドキドキハート占い」が全14種で9月上旬に発売予定です(1個/315円)
既存のキャラはもちろんですがロロを始めR2のキャラも含まれていてとても可愛いですよ

★ 同じくメガハウスより「コードギアス反逆のルルーシュ」第1話と第25話の名場面を形にした限定セットが発売になります
これもキャラフォーチュンと同じデザインなのですが、第1話のほうはルルーシュ&スザクの少年時代+CCの3人組で1セットで、第25話のほうはゼロ&スザク+カレンの3人組で1セットとなっています(各1セット/1050円)
尚、この商品はどちらも限定で、8月のアニメイトと夏に開催されるイベントでのみしか販売されません

★ギアスの新OPはFLOW(タイトル未定)8月13日発売
そしてEDを担当するのは
ALI PROJECTです

★ソウルイーターの第2期EDを担当するのは期待の新人、西野カナさん

★10月よりスタート「のだめカンタービレ 巴里編」





ちなみにSEED関連は次にまとめておきます

ガンダム00の企画CD、発売予定!

機動戦士ガンダム00から、企画CDが続々と発売予定です
興味のある方はぜひ購入して聴いてみてね!




【機動戦士ガンダム00 CDドラマ・スペシャル アナザーストーリー MISSION-2306】


★発売日:2008年07月23日

★価格:¥2,520(税込)



その他、詳しいことは下記を参照のこと
http://www.animate-shop.jp/ws/commodity_param/ctc/+/shc/0/cmc/4088519/backURL/http%28++www.animate-shop.jp+ws+main





【機動戦士ガンダム00 Voice Actor Singleシリーズ -宮野真守 come across 刹那・F・セイエイ-】


★発売日:2008年08月13日

★価格:¥1,155(税込)

★商品番号:VTCL-35030

★商品特典:キャラクターと声優のコラボカード(トレーディングカードサイズ)封入


声優自身がそのキャラクターに当てたメッセージCD

第一弾は『機動戦士ガンダム00』より、ガンダムマイスターとして人気を誇る声優宮野真守と、Skoop On Somebodyの夢のコラボレーション!!




どちらもファンにはたまらないものですね(*^□^*)

まだ詳しい内容とかわからないものもありますが、みた感じ上のCDはアニメ本編とは別のオリジナルエピソードをドラマCDにしたものっぽいですよね。
そうなると、アニメとは違いいったいどのキャラクターをメインにしたストーリーになるのかな?
アニメではあまりスポットの当たらなかったサブキャラとかだと面白そうですよね☆彡

それから、もう一枚のほうはシリーズと書いているから、これから00に出演した声優さんが続々と登場するっぽいですよね?
こちらも声優さんのファンにとっては楽しみな一枚になりそう。
っていうか、種のときの《スーツCD》みたいな内容かもね。
スーツCDはピックアップされたキャラの声優さんがキャラクターをイメージした曲を歌い、10分前後のミニドラマとサントラ曲が数曲入って一枚のCDになっていましたが、今回はアーティストの人がキャラソンを歌い、声優さんはメッセージを朗読したりするのかも。

なにはともあれ、今後の詳細が待たれますねっ(*^_^*)



.
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

高月綾乃

Author:高月綾乃
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。